中小企業の代表者・採用担当者が確認する採用スケジュール

企業経営において近年ますます人材採用が難しくなってきております。
多くの中小企業について「思ったような採用ができない」「人材がいない」ということを耳にします。
また求職者においても「たいした就職口がない」「どこの会社に行けばよいのか分らない」という声が大きくなっています。
このような雇用のミスマッチの多くは実は企業の採用実態が旧態依然としたものであるところに大きな原因があります。

給与、勤務時間などの労働条件を提示しただけの求人募集広告。
ホームページもなく社風・雰囲気さえ分らない求人情報。
これで求人広告を打てば「採用できる」と思うほうがおかしいとは思いませんか?

多くの求職者は準備をして採用試験に臨みますが、
知名度のない中小企業が何の準備もせずいい人材を募集できることはありません。
当然優秀な人材は大企業へと吸い寄せられます。

また労働条件だけがよくても働く人々の価値観が多様化した現在、それぞれ個人の価値観、
ライフスタイルを満足させられない企業に優秀な人材は集まりません。

多くの求人企業の中から自社を選んでもらうには積極的なアプローチが必要です。
それには単なる労働条件の提示ではない求職者へ伝えたい自社の強み、目標、社風、企業理念を明確化することが必要です。

NO1ネットではそのための採用スケジュールを策定することを提案します。

採用スケジュール

採用基準の策定について

どのような人材がほしいかが明確に規定されていないと、頭数をそろえるだけの補充に陥りやすいものです。
スキル、性格を含めて欲しい人材、欲しくない人材を明確化してください。
採用担当者だけでなく代表者・現場責任者の意見をすり合わせる必要があります。
多くの応募者があっても採用基準に合わなければ採用を見合わせる判断を持って下さい。
それにより採用の失敗を防ぐことができます。

企業理念の明確化
「あなたの会社はいったい何をしたい会社なのか?」
「会社の目標は?」
企業理念が明確化すれば、おのずと求める人材がはっきりと分ります。
企業理念・経営者の夢・目標などに適合する人物像を描きましょう。

採用試験の準備

特に面接試験の準備は入念に行いましょう。

採用シートの作成をしましょう。
(応募履歴書と選考内容を記したもの。)
多くの応募があった場合の比較検討材料として、また記憶に頼らないでデータを蓄積することができます。

質問事項の整理、担当者の選定(採用担当者は人事部以外からも選定しましょう)

応募者は自社にとっての潜在顧客であるということを徹底する。
実は応募者は自社製品の購買者かも分りません。また潜在顧客であり今後の風評を左右する人間でもあります。

応募者を「選ぶ」のではなく優秀な人材に来てもらうという営業の視点で応募者に接してください。
おざなりな面接、面接担当者の対応によっては優秀な人材が逃げ出します。

面接には採用担当・人事部の人間だけでなく現場責任者・代表者も立ち会うことが求められます。
多くの人間の判断が面接の精度を上げ、また本当に人材を必要とする現場は説得力を持ってアピールを行えるはずです。
特に企業理念を語る代表者の人間力・カリスマは応募者には大きな影響力があります。

求人広告

NO1ネットでは採用できる求人広告をサイト運営の柱と考えています。

効果的な募集広告とは何か?

多くの企業が人材を求めている中、求人広告に単に労働条件の提示だけで応募があるのは大企業ほか一部の有名企業のみです。
一般にそのような求人広告では中小企業は同業他社の中に埋没してしまい、
量においても質においても優秀な人材の応募がないことは明らかです。
もちろん、同業他社より労働条件がよいにこしたことはありませんが、
企業理念、社風、将来の目標、代表者の熱意・カリスマ、それらのものが
応募者に伝わってこそそれに共鳴した応募者が現れるのではないでしょうか。

採用できる募集広告を実現するためには、
社風などメンタルな部分を含めた詳細な会社情報を応募者に提供することが必要です。
その求人情報に反応した人材こそあなたの会社が本当に求める人材なのです。

NO1ネットではそのような情報をタイムリーに求職者に伝えることができる
システムの構築に力を注いでいます。